きいろあおいろみどりいろ

とある学校の図書室(館)のお話し

とある学校の図書室(一枚の紙で本を作る)

紙一枚で本が作れる。

f:id:lagurus:20190316113916j:plain

これが一番見たことがあるかも。

①8ページとよばれるもの(表紙+6ページ+裏表紙)

表と6.3.2ページ目の間を切る。

f:id:lagurus:20190316103014j:plain

 

②紙の切る向きを、縦横かえるとこれになる。

f:id:lagurus:20190316113938j:plain

f:id:lagurus:20190316102313j:plain

 

f:id:lagurus:20190316103039j:plain

 

もう少しページ数が欲しい。

サイズは小さくなりますが

③16ページ(表+14ページ+裏) 

f:id:lagurus:20190316114019j:plain



f:id:lagurus:20190316094135j:plain

 

f:id:lagurus:20190316115254j:plain

 

④紙の切る方向をかえたもの

f:id:lagurus:20190316114000j:plain


f:id:lagurus:20190316094424j:plain

f:id:lagurus:20190316115607j:plain

 

元の紙の大きさに対して

f:id:lagurus:20190316113249j:plain

 

紙は裏表どちらから折り目をつけると折りやすい。

切る時は、折線の上をまっすぐきりましょう。

それでも枚数があるので、微調整。

ホチキスで留めて完成。

 

 

パソコンで各ページに文書を入れる場合、

ホチキスで留めるため、

文字数が多いと読めなくなるので注意。

 

図書館のパソコンでピッタリ入れて完成したのに、

パソコン室で打ち出したら

機種の加減で微妙にずれる

などということもしょっちゅうです。